忍者ブログ
境港周辺の海釣りをメインに毎週の釣行・釣果を報告!!
[10] [9] [8] [7] [6] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽しい釣りの時間、終わった後のもうひとつの楽しみ

それは

釣った魚を料理して、お酒を飲みながら「今日のつりはこんなだった、あんなだった。」

「逃した魚はあんなだった。」「今度もこんなのを釣りたいな~。」「あんなこんな」

とほろ酔い気分になりながら過ごすのも釣りの醍醐味の一つです。

そこで重要となってくるのは、

いかに魚を新鮮な状態で持ち帰るか

発砲スチロールに酸素を送り込めるブクをつけて生きたまま持ち帰る・・・

というのが理想でしょうが、氷の調整や水の管理、またムーのように片道に2時間ほど

かかれば、なかなか容易ではありません。

そこで、一撃必殺 締め です。

釣ったその場で血抜きをし、新鮮な状態で持ち帰るというやり方。

家に着いたときも、魚のイヤなにおいもなし、刺身にしても身は崩れず、申し分ない申し分ないとおいしく食べられます。

いろいろな締め方があるのでしょうが、ムーのやり方を紹介。

まずはバケツ(海釣り用のビニールのものがあります。ロープ付で海水をくめるもの)に海水をいれます。

魚がつれたら、エラにナイフを入れそのまま背骨を少し切るくらいの気持ちで。

少し魚を曲げ、エラから血を抜きます。大物が釣れたときは。尾びれ近くの身にも切れ目を入れておきます。

あとはバケツに頭から突っ込み、10分くらいしたら氷と海水を入れてあるクーラーボックスへ入れます。

すこし面倒かもしれませんが、これだけで夜の肴がずいぶんと変わりますよ。

(イカの場合は、クーラーに水をいれてはいけません。墨をはいて、イカ自体が真っ黒になります。氷をむき出しにせず、ビニール袋などにいれ、水が溶け出さないようにしましょう)

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お天気情報
フリーエリア
プロフィール
HN:
ムー
性別:
非公開
職業:
会社員(経理)
趣味:
釣り
自己紹介:
管理人へメール
squid_angler@msn.com
バーコード
最新コメント
[11/27 ムー]
[09/27 katsu]
[09/09 replica love cartier bangles]
[08/23 ムー]
[08/23 さくらヒロシ]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
GyoNetBlog ランキングバナー